ふかし壁で奥行深めな我が家の玄関ニッチ【注文住宅】

家づくり

こんにちは、245です。

主人の地元の田舎に注文住宅を建てました。

今回は、我が家の玄関に作ってもらったニッチ収納についてご紹介します。

我が家の玄関ニッチ

我が家の玄関ドアを開けると、すぐ目の前に見える壁に作ってもらったのがこちらのニッチ。

サイズは縦80センチ、横60センチ。

奥行は、棚板が壁から1センチ飛び出ている分も含んで25センチ。

床からの高さが100センチのところにあります。

壁をふかして奥行をかなり深めに作ってもらったのが特徴です。

ふかし壁玄関ニッチの満足点

玄関入って真正面、すぐ目につくところに作ったので、インテリアの飾り場所として最適です。

奥行き深めにしたことで飾るものの選択肢も増えて、いろんな飾り方を楽しめています。

我が家には和室も床の間も、腰高の靴箱も無いので、雛人形や五月人形の定位置はこちらの玄関ニッチ。

元々、ニッチの奥行は雛人形や五月人形のアクリルケースに合わせて設定していたのでサイズ感はばっちり。

子どもも人形を出すと喜んでくれるので、飾り付けの意欲も湧きます。

後悔ポイントやデメリット

インテリア用途以外のニッチを玄関にもう1つ設ければ良かった

インテリア用のニッチとして作ってもらった我が家の玄関ニッチでしたが、入居後最初の頃は、帰宅後に鍵や郵便物などの置き場所として使ってしまいがちでした。

そのため散らかりっぱなしでなかなかインテリアの飾り付けができず…

もう1箇所、小さなサイズでもいいので、鍵などのちょい置き用のニッチ収納を玄関に作っておけば良かったなぁと後悔しました。

現在は、100円ショップで購入したマグネット収納を玄関ドアに貼り付け、鍵などの置き場所として使っています。

ふかした分、壁に厚みが出るので空間が狭くなる

奥行の深いニッチを作るために壁をふかした分だけ、壁は厚くなります。

つまりその分だけ、床面積が減り、空間が狭くなってしまうということになります。

限られた空間をできる限り広く使用したいと考えている場合には注意が必要です。

我が家は他にインテリアの飾り場所が無いため、このデメリットに納得した上で、あえて壁をふかして奥行の深いニッチを玄関に作ってもらいました。

ニッチ背面にエコカラットなどのおしゃれタイルを貼りたかった

予算オーバーのため我が家では諦めましたが、ニッチの背面におしゃれなタイルを施工できたら良かったなと思っています。

特に、エコカラットという調湿や脱臭作用のあるタイルは玄関にピッタリです。

頑張れば自分でも施工できるようなので、いつか余裕ができればDIYにチャレンジしてみようかなと思います。

まとめ

我が家に入って真っ先に目に飛び込んでくる奥行深めの玄関ニッチ。

住み始めて1年近くになりますが、季節が変わるたびに「次は何を飾ろうかな?」と考える楽しみが増え、すっかりお気に入りの場所のひとつになりました。

玄関にインテリア用のニッチをお考えの方、サイズ感など参考にして頂けたら嬉しく思います!

タイトルとURLをコピーしました